税理士試験に合格するには講座選びが重要

税理士とは、税務申告業務や税務相談業務、税務署の調査が入った時の立会いなど、その業務は非常に多岐にわたります。
これらの業務はいわばこの士業の独占業務であり、また非常に高度な知識と経験を要することから、常に需要があります。
税理士になるには、会計関連で2科目、税法関連で9科目の合計11科目の中から5科目に合格しなれければなりませんが、その難易度はとても高く、また時間内で解答しきれないほどのボリュームがあります。
このような難易度のとても高い試験に合格するには、やはり効率良く知識のインプットとアウトプットがこなせるようなテキストと講義が用意されている講座を選ぶ必要があります。
資格スクールの大栄の税理士講座は、長年の経験やノウハウを用いて効率よく学べるように工夫されています。
また、より多くの問題演習が必要だと考えられる科目については、通常の演習に加え、ホップ演習とステップアップ答練と呼ばれる演習講座でインプットした知識の定着を徹底的に行うことができます。
この試験はその問題のボリュームから試験中にゆっくり考えている暇はありません。
すばやく問題の意図を把握し、仕訳したり、税法規定に沿った計算ができなければ合格には至りません。
ですから、合格させるノウハウを熟知した学校のカリキュラムに沿って、効率よいレベルアップが必要になってくる資格なのです。

税理士講座|資格スクール 大栄(DAIEI)